謎の情報発信局

◆実際◆ 基礎知識さえあれば分かる解説で書いてるつもりです。 ◆無能◆

PC版LINE小技メモ

長期更新停止の言い訳

すみません、ブログ書くネタ切れてました。
本当はAndroid関連で書こうとしていたがアイデアが出なかった
GfxTabletの事書き上げるの来年になりそう

以下本編

対象ソフトはWin版LINEです。(ストア配信じゃないやつ)

今回紹介する小技は、キャッシュからスタンプを復元とサウンド差し替えです。
なおグレーゾーン

スタンプキャッシュからスタンプを復元

この小技は、配信終了した無料スタンプ等を強引にもう一度(画像として)使えるようになります。
LINEのスタンプが存在してるディレクトリは、%LOCALAPPDATA%\LINE\Data\Stickerです。*1
その下の構造は\\Sticker\\(スタンプID)\(新しめのやつは1とか2とかある 詳細不明)\(アニメーション系だとanimation、しゃべる系だとsoundが存在)\スタンプ個別ID?.png
スタンプ画像に_keyがついてるやつは入力画面のサムネイル用
アニメーションはAnimated Portable Network Graphics(APNG) FirefoxChrome系統・Safariで閲覧可
音はAdvanced Audio Coding (AAC)
productInfo.metaは平文テキストでスタンプ情報・並び方が記述してある
スタンプキャッシュだから相手から受け取った物も保存される
単なる画像だけならこれで使える

例えばチャー研スタンプなら%LOCALAPPDATA%\LINE\Data\Sticker\1258440です

PC版のサウンド差し替え

この小技は本来決められた物しか変更出来ない着信音などを自由なやつに変えるものです。
多分アップデート時に元に戻されます。とりあえず差し替え元は残しておきましょう。
PC版のLINEのインストールディレクトリは、インストール時に変更してなければ%LOCALAPPDATA%\LINEです。
着信音関連が入っているディレクトリは、トーク着信音なら%LOCALAPPDATA%\LINE\Data\resource、LINE電話着信音なら%LOCALAPPDATA%\LINE\Data\soundです。
resourceのalarm1はデフォの音、alarm2が「みんなでLINE♪」、alarm3が「こっそりLINE」、alarm4は「シンプルベル」、alarm6は「ウェルカム」、alarm7が「口笛」、alarm8が「呼び出しチャイム」、alarm9が「アンサー」になります。
soundはlineapp_end_16kが切った時の音、VoipRingが着信音、VoipRingbackが呼び出しになります。
拡張子は全てwavです。

今分かってる他のディレクトリはreactionはタイムラインのいいね!のアニメーション(APNG)、Sticonは絵文字、bgChatは個別設定したトーク背景(拡張子無しJPEG)、pizzaはグループトークのアイコン(拡張子無しPNG?)、pluginは動画圧縮・LINEプレイヤー周り?です。
shaderは恐らく画像の補正機能辺りか?

多分次の更新は年明けてからの可能性が高そう

*1:%LOCALAPPDATA%は環境変数のユーザーのAppData\Localを参照する書き方
エクスプローラーにそのまま貼り付ければ使える